知っておきたい採用支援の形について

人材確保に悩む企業は多いものですが、その多くは人材確保の前にすべきことが理解できないケースがあります。例えば離職者が多いために募集を繰り返す会社は、まず離職者をいかに減らすかに取り組まなければなりません。その上でどんな人材を募集すべきなのかを考える必要があります。採用支援サービスには、そのように企業の抱える課題の解決から提案するところが増えています。単に人員補給するだけのサービス提供では、本当の意味で企業が求める成果は生み出せないというわけです。つまり業績を向上されて会社をいかに存続させるかが支援サービスの目的であると認識されているわけです。その点に留意して、サービス業者を選ぶことが必要になります。まずは会社の現状把握から取り組む必要があるというわけです。

人材募集を行う前に取り組むべきこと

多くの採用支援サービスでは、まず会社の課題から取り組むというコンサルタント的なサービスを提供しています。いくら人員補給をしていても、離職者が多い会社では意味がないからです。離職者が多いということは、採用する人材に問題があるのではなく、会社自体に何かしらの課題があると理解しなければなりません。そこでまず職場環境を見直したり、作業工程をチェックして無駄を無くすといった取り組みが必要になります。つまり人材を受け入れる環境を作ることが優先されるというわけです。その上でどんな人材が必要なのかを改めて分析することが必要となります。さらにその人材を集めるためには、どのような募集活動が必要となるのかも考えなければなりません。そこには色んな戦略があることを知るようになります。

人材確保のために行うべきことについて

実は多くの採用支援サービスでは、人材が必要になってからの募集活動では遅いことを提案しています。人員不足となる前に、優秀な人材をいかに確保しておくかが重要というわけです。例えば会社で必要とするスキルを持つ人を対象にしてセミナーを開催するといった活動もあります。応募者の予備軍をいかに確保しておくかがポイントというわけです。必要が生じた時に募集をかけても、都合良く人材が集まるとは限りません。そのために普段から転職希望者を対象に人材を確保しておいて、欠員が出た時にアプローチするという手法を取るわけです。これならば確実に必要とする人材を採用できますし、募集費用もそれほどかける必要がなくなります。このような様々な手段を提案するのが支援サービスの役割というわけです。