専用エージェントによる採用支援とは

現在、就職や転職市場はどちらも買い手市場となっており、職を求める人々が企業を選びやすい市場となっています。求人サイトを見てみると非常に多くの企業が求人を出しています。非常に求人が多いが故に、自分には何があっているのか、どこの企業が自分に合っているのか見極めることが難しくなっています。そんなときには転職や就職を支援する採用支援専用のエージェントを利用することで、問題が解決します。エージェントは、人を採用したい企業から細かく採用したい理想の人物を聞き、求人票を作成します。求職者はエージェントの元へ行き細かくヒアリングを受けどの様な働き方がしたいか、何をしたいか、などの条件を伝えます。そこで企業側と求職者側と、双方がマッチすると思われる求人を互いに紹介するのです。

エージェントを使うことで求職者は何が変わるか

まず求職者側から見れば、膨大にある転職サイトから自分が本当に興味を持てるもの、理想としている仕事が叶う求人を探すと言うのは非常に時間もかかり、見れば見るほど何が自分に合っているのか分からなくなってくると言う負のスパイラルをなくすことができます。専用のエージェントに相談することによって、自分のスキルはどの様な企業で活かせるのか、自分の求めている条件はどこの企業だったら叶うのかをかなり絞って仕事を探すことができます。エージェントから紹介してもらった求人の中で興味のある企業を見つけられた場合、エージェントはその企業が面接においてどのような点を見ているのかなどの情報も知っているため、事前に面接対策を行うこともできます。よって、より効率的に事前の企業研究ができ、自信を持って面接本番に望むことができます。

転職支援をすることで企業側は何が変わるか

企業側からすれば、ただ求人を出しているだけではどのような人物が応募してくるかもわからず、どれぐらいの人数が応募してくれるかもわからず、ただひたすら待つと言う状況になります。しかし、専用エージェントを介して人材を紹介してもらうことによって、現在の市場はどうなっているのか求める人材と言うのはどれほどの数がいるのか等、タイムリーに情報を集めることができます。また、理想の人物像を事前にエージェントへ伝えているため、理想とかけ離れた人材が面接に来ることを避けることができ、全くもってミスマッチな方を面接する無駄な時間を省くことができます。よって、より効率的に、精度の高い面接をこなすことができるのです。ただ採用するまでの採用支援ではなく、入社してもらった後も、仮にその方が早期に退職してしまった場合は様々な保証があることも多く、効率的な採用支援を受けられるのです。