作成・使用後のクラスTシャツの有効な使用方法を紹介

クラスTシャツは思い出の品ですから、できれば良い思い出として長く持っていてほしいですが、Tシャツなので使いたいという気持ちもあります。その場合、部屋着として、下着として、と普通のTシャツとして利用することも良い方法です。ただしその場合、襟がよれたり、あせたり、生地が薄くなったりと劣化も激しいので、その覚悟は持ってほしいです。ではそのまま片付けておけばよいかといえば、そうではなく、結局生地の劣化ははじまり、保管状況によっては、虫に喰われる、色が落ちる場合もあるので、大切に片付けておく時も片付け方に注意が必要です。時折出して着る、同窓会や学校イベントなどに皆で打ち合わせたうえで着ていく方法もあります。しかし一番使いたいのは、やはりクラス皆で過ごしている時期だと思います。その時は、楽しく容赦なく汚してざっくり洗える、そんな素材での作成がおすすめです。

クラスTシャツを作成するときにはネットを駆使しよう

クラスTシャツの作成は大変そうだと思っている人も多いと思います。デザイン作成、Tシャツそのものの選択、枚数や金額の調整、それらを業者とクラスの皆と話し合い、橋渡しをするというのは面倒だと考える方も多いと思います。しかし今はネット時代です。サンプルの貸し出し、無料見積もり、ネット上でのデザインのやり取りと、ネットでのみのやり取りで終了できる場合もあります。また学生の場合は、学割や送料無料などが存在する会社もあります。お得な会社を見つけて、見積もりを取って、クラスで話し合うことで、皆が納得できるTシャツを作る事ができます。他に、共通のデザインだけでなく名前を入れてくれるサービスや、デザインの参考のための作品例など、色々参考になります。ぜひクラスの皆でサイトを巡って盛り上がってほしいです。

クラスTシャツを作成する際デザインと金額を考える

クラスTシャツを作成する際、まず何にお金がかかるのかを知っておくことが大切です。まずはシャツ代金です。質が良いものは価格が高い、安価なものは、そのくらいの質となります。1年、もしくは学校生活の3年間使う、またどの程度の日数使うのかなどを考えてシャツを選ぶ必要があります。そしてデザインに関してはデザインの大きさも関係あるかもしれませんが、それよりも色の多さが金額に関わる事が大きいです。多色を使うことで良いデザインになるとは限らず、むしろシャツの色と文字やデザインの色を上手く組み合わせることでセンスの良いシャツを作る事ができます。枚数が少なければ、プリンターを利用した印刷が安いですが、クラスの皆と作るものですから、シルクスクリーンといわれる印刷方法で作る方が良い物が作れます。