他より目立つクラスTシャツの作成方法について

クラスTシャツを作成するとなった場合、数も多いためほとんどがオリジナルでTシャツを作成できる業者に頼むことでしょう。そういった業者では、オプションで様々なプリント加工をすることができます。そのオプションをうまく活用することで、他よりも目立つクラスTシャツを作成することができるのです。どんなオプションがあるかというのはその依頼する業者によって違いますが、例をあげると、ラメの入ったプリントやインクの部分がぷっくりとふくらみを持たせる印刷、蛍光色のプリント、ひび割れのようなヴィンテージ風のプリント、箔プリントなどです。やたらに加工を入れてしまうとしつこかったりお金もかかってしまいますが、こういった加工を効果的に入れることで、自分たちだけの他より一歩上をいくTシャツを作成できるのです。

インパクト大の全面プリントTシャツ

また、オプションに頼らない場合でも目立つTシャツがあります。それはTシャツ全面にプリントを入れたものです。一般的に、オリジナルでTシャツを作成するときは前と後ろのワンポイントにデザインをプリントするものが多いです。それに比べると、全面にデザインをプリントするTシャツはとても目立った作品になるのです。全面プリントといっても、一つの絵を大きく描くパターンと小さめの絵を全面に敷き詰めるパターンがあります。そのクラスTシャツを着る場面に合わせ、Tシャツ全体に絵を敷き詰めるとよいでしょう。ただ敷き詰めるだけでなく様々な色を使ったカラフルなデザインにするとより目立つクラスTシャツを作成することができます。また、テーマを統一して作成すると、統一された印象のいいTシャツになります。

特殊な加工を使わないで目立つTシャツを作る

そういった特殊加工を使わないで勝負がしたいという時は、蛍光色をデザインに取り入れることも目立つクラスTシャツを作成できるテクニックの一つです。蛍光色は離れた場所から見ても分かるほど、発色がとてもよいです。Tシャツ自体を蛍光色にしてしまうのもよいですが、例えば黒地のTシャツに蛍光色の黄色を使ってデザインを入れるだけでもかなり目立つデザインを作成できます。またそのクラスTシャツを着る場面に合わせて単純化したデザインを、全面に大きくプリントするという単純なことだけでも十分目立つTシャツを作成することができます。クラスTシャツなので予算の都合もあるでしょう。そういった制限の中でも目立つTシャツにすることはできます。様々な効果を有効的に使って、自分たちの理想かつ目立ったTシャツを作ることができるのです。