採用支援システム導入のメリット

採用支援システムを導入することで、人事の業務負担を大幅に軽減させることになります。多くの人材採用を通して、どのような採用基準を設ければ良いのか、あるいは面接時の質問内容などのノウハウを蓄積させることが必要です。けれども忙しさのためにこのようなデータ蓄積も分析もできない企業は多くあります。せっかくの情報を集めておきながらも、以降に生かすことができないのはもったいないものです。そこで支援システムを導入することで、企業に必要な人材を的確に採用できるようになります。面接時にはどんな質問をすれば良いのか、さらに採用後にどのような教育訓練を行うと良いのかをノウハウ化することができます。蓄積したデータを分析することで、会社の生産性を高める人材確保ができます。

採用システムに関する注意点について

採用支援システムを導入するのは、数百人単位での人材確保を行う企業です。このような規模の大きな会社となれば、採用基準は部署によって異なるようになります。そのために全社的に採用基準を平準化する採用システムでは対応できないことがあります。また部署によって収集するデータ量も異なり、分析に時間がかかる点に注意が必要です。そこで部署によってどのような人材を必要とするのか、そのためには採用基準をどのように定めるのかを決める必要があります。その手間がかかることが支援システム導入の課題と言えます。また機能も多様化することで、必要のない機能も導入する可能性もあります。まずはどのように業務を効率化したいのか、目的を明確にしておくことが重要です。採用だけで終わるのか、その後の管理も行うのかを決める必要があります。

採用システムの効果的な導入方法とは

採用支援システムで人気を集めるのは、採用後の人材育成にも役立つものです。というのも、人材教育によって人材の潜在能力が顕在化するからです。つまりそこから、どのような能力を持っている人を採用すれば良いのかを判断できるようになります。そしてそのような能力を見極めるために、面接時にはどんな注意を払えば良いのかがわかります。さらにアルバイトや正社員、派遣社員などに応じてどのようなスキルを持つ人材が必要なのかを分析することが可能です。その判別作業を人事の誰もが行えるようにシステム化することも必要となります。できる限り少人数のスタッフで採用業務を行うことも大事です。というのは、人によって判断基準に違いが出ないようにするためです。その負担をいかに減らすかが、支援システム導入の目的と言えます。

工数を大幅に減らせます。 面接から採用までをいかにスムーズに行うかがいい人材採用の鍵です! 応募者の熱が冷めないようにレスポンスをスムーズに行います。 他社からの切り替えを検討の会社様も一度問い合わせください。 採用の単価や各媒体の応募効果などを数値化することができますので採用クオリティが格段に高まります。 600社以上の導入実績がございます。 受付時間は平日の9:00~18:00になります。 採用支援のリクログ